フェレット

フェレット専門情報サイト

フェレットとは

ペットととしてすごく人気のあるフェレットですが、犬や猫などに比べるとま
だまだ珍しい動物ですね。

 

それに実際にフェレットを飼っている人でもその実態を知っている人ととい
うのはまだ少ないのが現状のようですね。

 

フェレットはイタチ科の動物でイタチ科の動物というのは犬や猫の中間に
位置している動物で、すごく賢く、それに人なつっこいです。

 

フェレットのようなイタチ科の動物としては、ラッコ、カワウソなどもいます。

 

イタチ科の動物というのは、強い刺激性のある匂いを出します。

 

臭腺というものをもっていてそこから匂いがでるのですが、それh敵に襲わ
れたときの防衛の為でもあるんだそうです。

 

ペットとしてはフェレットを飼うためにはまずはその臭腺というのを手術でと
ってあげる必要があります。

ペットとしてのフェレットとその種類

フェレットはもともとアメリカのコールマンという人が1992年にペット用と
してフェレットに避妊・去勢手術をして日本に紹介したんだそうです。

 

もともとはペットとしてはそんなに有名にはなっていなかったのですが、そ
の可愛さもあって徐々に人気が出始め、1995年ごろにはその存在が
多くの人に知られるようになりました。

 

今ではアメリカ、ヨーロッパ、ユージーランドなどのいろんな国からフェレッ
トは輸入されています。

 

アメリカから輸入されているフェレットはスーパーフェレットと呼ばれることも
あり、その特徴は体が小さく毛並みの良さと穏和な気質で人気を集め
ています。

 

ヨーロッパから輸入されているフェレットはアンゴラフェレットといい、毛質が
フワッとしていて、長い毛でおおわれています。

 

普通のフェレットとは少し、顔つきが違ったり、鼻にも毛が生えていることが
その特徴の一つです。

 

ニュージーランドから輸入されているフェレットはフィッチフェレットと呼ばれ大
きい体としっかりとした骨格が特徴。

 

他のフェレットと比べると多少野生的な気性が残っているためウサギの狩
猟につかわれることもあるようですね。

フェレットの避妊・去勢

避妊・去勢されたフェレットにはその証明書が付されています。

 

避妊・去勢されていないフェレットは発情すると気性が荒くなってしまった
り、メスの場合はその発情が継続してしまうと、エストロジェン中毒という
ものにかかってしまい、貧血を起こして、最悪の場合は死に至るケースも
あります。

 

日本で手術をすると去勢手術はオスで1万5千円ぐらい〜、メスは2万
円ぐらい〜、それと匂いのもととなる臭腺の除去は1万5千円ぐらい〜と
かかり、思っているよりも高額に感じるひともいるかも知れません。

 

ですから、もしこれからフェレットを購入して飼っていこうと思っている人は
既に去勢・避妊手術が済んでいるフェレットを購入するのが良いかと思
います。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ