フェレットの寿命

フェレットの寿命はどれぐらい?

フェレットは寿命が短い

フェレットは生まれてから1年ぐらいの間はすごく成長します。その
時の成長スピードはすごく早いんですが、その分老化も実は早い
です。

 

どれぐらいの年齢で老化してくるかといえば、だいたい4年ぐらいと
言われています。

 

フェレットは老化がはじまりだすと、1日の多くを寝る時間に費やす
ようになります。

 

もちろん、若いときに比べて、食欲が減ってきてしまったり、動きが
鈍くなってきます。

 

できることならフェレットがこのような状態になってきたら栄養剤など
で栄養を補給してあげることが望ましいようですね。

 

ただ、与えているフードを何か特別なものにする必要まではないん
だそうですよ。

 

フェレットは遊びが大好きなので、以前よりも動きは多少鈍くなって
くるかも知れませんが、それでも一緒に遊んであげることはすごく
大切なことみたいです。

フェレットの寿命 死んでしまう原因で多いのは・・・

フェレットが病気で死んでしまうときにどんな病気で死んでしまう
ことが多いかといえば、ガンが多いんだそうです。

 

健康診断は1年間に1回ぐらいはしておくのがいいようですが、
それでも4歳ぐらいからの老齢が始まる段階になると半年に
1回ぐらいのペースでしてあげた方が健康管理としてはいい
みたいですね。

 

病気の早期発見が大事なのは人間もフェレットっも同じこと
なんですね。

フェレットの寿命は6年〜8年

フェレットの寿命は実際には6年ぐらいから8年ぐらいです。

 

4歳ぐらから老化が始まって、2、3年ということですね。

 

どんな一生懸命にお世話をしてもその時はきてしまいます。

 

その時がきた時は心から供養してあげることがフェレットへの
最後のお世話ということができるかもしれません。

フェレットの寿命とお葬式

フェレットが亡くなったしまったときはきちんと埋葬してあげるように
しましょう。

 

自分の家の庭に埋葬してあげることも一つだと思います。

 

ただ、その時は庭でも、人が歩かないような場所を選んでくださ
いね。

 

場所が決まったら穴を掘ってタオルなどで包んでから箱に入れて
埋葬してあげてください。土に還らないビニールなどは避けた方が
いいようです。

 

フェレットを埋めた場所には花などを添える、墓石などを置いてお
くなどの目印をつけてあげておくといいようです。

 

埋める場所がないときは自治体に連絡するとペット専用の火葬炉
で葬ってくれるそうです。

 

注意したいのはフェレットが伝染病などの病気でなくなったときは土
のなかで病原菌が繁殖しないとも限らないので、この場合も火葬
で葬ってあげるのがいいかと思います。

 

因みに、自治体のペット専用の火葬炉を使った場合は数千円で
できるところが多いようです。

 

ペット霊園を使ってもいいと思います。
葬儀のみや埋葬込みなど選べるようですが、一度近くのペット霊園
に相談してみるのも良いかもしれないですね。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ