フェレット 種類

フェレットの種類にはどんなものが?

フェレットの種類 ヨーロッパから輸入されるフェレット

ヨーロッパから輸入されるフェレットはアンゴラフェレットとよばれることがあります。
アンゴラフェレットは突然変異で生まれ、毛質がふわっと長いのが特徴的。
普通のフェレットとも少し顔つきも違って、鼻にも毛が生えているところも特徴
的ですね。

 

ただ、このアンゴラフェレットは生まれてくるフェレットがすべて長い毛であるという
ことでもないんだそうですね。そのうちの何匹かが長い毛になるんだそうです。

 

注意したいところは子供の時には長い毛に見えたようなフェレットでも大人に
なるとそうでもなようない、といこともしばしばあるんだそうですよ。

フェレットの種類 ニュージーランドから輸入されるフェレット

ニュージーランドのフェレットはとても体が大きいのが特徴。
その特徴を生かして、ウサギの狩猟などにも使われることがあるよう
です。野生的な部分が多く、気性は他のフェレットと比べると荒い
部分があるようですね。

 

フェレットの種類 アメリカから輸入されるフェレット

アメリカには多くのフェレットを育てるファームがあるようですが、そこから輸入
されるフェレットをスーパーフェレットと呼ぶことがあります。

 

アメリカからのファームから輸入されるフェレットはフェレットの臭い対策である
去勢、避妊手術がされていることがほとんどなので、去勢・避妊手術が既
にされているフェレットのことをそういう風に呼ぶこともあります。

 

ペットショップなどで販売されているフェレットは今では去勢・避妊手術がさ
れているところがほとんどだと思いますが、ちゃんとしたペットショップほど、そ
の証明書というものを大しているので、ペットとしてフェレットを購入するとき
は必ずその証明書をもらっておくようにしましょう。

 

ペットとしてのフェレットを海外につれていくときは・・・

ペットとしてのフェレットを海外に連れいていくときには少し
気をつけないといけないとことがあります。

 

というのは、野生のフェレットとういのはヨーローッパなどに
は存在するようですが、アメリカなどのにはいないんだそう
です。

 

もともとフェレットが野生で生息している地域はいいとして
もともと野生でフェレットが生息していないところにフェレット
が入り込んでしまうとその生態系を壊してしまうことがある
んだそうですが、地域にはよってはその生態系を壊してし
まうということで、ペットとして飼えないようなところもがある
のも事実です。

 

なので、趣味や旅行、仕事などで海外にペットのフェレット
を連れていこうと思うときがあったら、まずはの行先はフェレッ
トをペットして迎え入れてくれるかどうかを先に調べおかない
といけませんね。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ