フェレット 食事 高齢

高齢フェレットの食事

フェレットが高齢になった時の食事について

フェレットは高齢になってくると消化能力がだんだんと衰えてきます。

 

フェレットの個体差にもよりますが、目安としてはだいたい5歳ぐらいからが高
齢と考えておいて良いでしょう。

 

高齢になったフェレットは消化能力の低下から下痢になりやすくなってしまうの
で、そうなる前に高齢用のフードに切り替えてあげることが必要です。

 

また、フェレットが高齢のために歯が弱くなってしまうことがありますが、そのよう
な時はフードを少しふやかすなどの工夫もしてみてあげて下さい。食べやすく
なります。

 

また、脂質やタンパク質は必要な栄養成分ですが、過度に与えないようにす
るのがいいでしょう。

高齢のフェレットが食事を変えると・・・

高齢のフェレットは食事を変えると食べなれないせいか、一時的にうんちが
ゆるくなってしまうこともあります。

 

変わった食事になれればすぐに治りますが、それは2〜3日程続くこともあり
ます。慢性的にうんちがゆるくなり、下痢の状態が続くようであれば獣医さん
に相談するようにしましょう。

 

因みに、うんちがゆるくなってしまう時はオリゴ糖やビフィズス菌などが配合さ
れているサプリメントが良く効きます。

 

薬品ではないので、特に心配せずに使っていいでしょう。

 

フェレット専用のものがあれば、それを使いますが、犬や猫用のものでかまわ
ないようですよ。

スポンサードリンク

高齢フェレットの食事関連ページ

食事の量
フェレットの食事量というのはどれぐらいなのでしょうか?目安を知っておきましょう。
食事の回数
フェレットの食事の回数はどれぐらいが適正なのでしょうね。実は・・・そんなに気にする必要はありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ