フェレット シャンプー 仕方

フェレットをシャンプーする仕方の手順

フェレットをシャンプーする仕方

フェレットをシャンプーする時は、まずは洗面台や洗面器にお湯をためます。

 

そしてフェレットを入れます。

 

フェレット自体は泳ぐことはできるのですが、あまりにも深いところに急に入れ
てしまうと驚いてしまうので、そこは注意するようにしましょう。

 

洗面台や洗面器に入れる事ができたら、次は体全体にお湯をかけて毛を
濡らしていきます。

 

頭の部分は耳に水が入らないようにするために、飼い主の濡れた手で撫で
るようにして湿らしていきます。

フェレットをシャンプーする時の温度

フェレットをシャンプーする時の温度はだいたい36°〜38°ぐらいの人が
ぬるめと感じるような温度にします。あまり熱くなりすぎないように注意しま
しょう。

フェレットにシャンプーをつける

フェレットにシャンプーをつけるときは首からお尻にかけてたらして全体をよく
泡立てます。

 

シャンプーのつけ方としては少しずつ付けていき、足りないと思ったらちょっ
とずつ足すようなイメージでつけます。

 

顔にシャンプーをするときは耳や目をよけて洗うようにしてあげて下さい。

フェレットについたシャンプーを洗い流す

シャンプーを洗い流すときは体全体にお湯を優しくかけます。

 

シャンプーはしっかりと完全に洗い流すようにしましょう。

 

この時も顔は耳や目に入らないようにするためにお湯手で少しずつかけるよ
うにします。

フェレットのシャンプー後

シャンプーが洗い流せたら、水分をざっとでいいので切ってあげましょう。

 

それから乾いたタオルで体を包むようにして拭いていきます。

 

優しくですが、よく拭きましょう。

フェレットのシャンプー後のドライヤー

フェレットにドライヤーをかけるときは毛の流れに逆らうようにしてドライヤー
を当てていきます。

 

この時熱くなりすぎないようにする為に、ドライヤーとフェレットのとの距離は
調節しながらするようにしましょう。

 

因みに、顔に風があたるのはフェレットは嫌がる傾向にあります。顔はタオル
で拭くだけにするのがいいでしょうね。

 

最後にブラッシングで毛並みを整えてあげれば、フェレットのシャンプーは終わ
りです。

スポンサードリンク

フェレットをシャンプーする仕方の手順関連ページ

シャンプーする頻度
フェレットは本来はシャンプーをする必要のない動物です。頻度はそんなに必要ありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ