フェレット 多頭飼い デメリット

フェレット多頭飼いのデメリット

フェレットを多頭飼いする場合のデメリットとは・・・

フェレットの多頭飼いにはデメリットもあります。

 

それはフェレット同士の相性です。やはりこれが一番心配なところです。

 

一緒に住む事になるフェレットからするとお互いの相性が合わないというの
はすごくストレスになってしまうこともあります。

 

また、健康面でも管理も手間がかかってしまいます。

 

例えば、問題のある便が出た時などは、これはどのフェレットのものなのか
判別ができないようなこともあり、なかなかチェックしずらいことも出てきます。

 

それに同じケージで多頭飼いをしているケースで1匹が風邪をひくと他の
フェレットにもうつってしまってみんな風邪を引いてしまうこともでてきます。

フェレット多頭飼いのデメリットとお迎え症候群

新しいフェレットがやってきたとき、先住のフェレットの調子が悪くなってしま
うお迎え症候群というものがあります。

 

これは先住のフェレットが新しいフェレットが来ることによる環境に変化が原
因でストレスを抱えてしまうことになるからですが、具体的には飼い主が新
しくやってきたフェレットのことばかりをかまってしまうことで、自分に対する注
目の度合が減ってしまうことによる不安などが原因とされています。

 

そんな時は先住フェレットを優先して愛情は変わらないのだ、ということを示
してあげましょう。

 

フェレットはある意味焼きもち焼きなところがある、ということです。

スポンサードリンク

フェレット多頭飼いのデメリット関連ページ

多頭飼いとケージ
フェレットの多頭飼いをする場合は最初は別々のケージで飼うのがいいようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ