フェレット 熱中症 症状

フェレットの熱中症の症状とは

フェレットの熱中症とその症状

フェレットが熱中症になってしまったときの症状としては、体温が上昇した
ことによって口を開けて浅い呼吸を早くする、肉球が赤くなってしまう、鼻
が乾いている、ぐったりとしてしまっている等の症状があります。

 

熱中症の症状がひどい場合は、痙攣したり、嘔吐したりすることもあり、
また意識を失ってしまうこともあります。

 

最悪の場合は死亡してしまうこともあります。

 

普通は動物であれば汗腺から汗をだすことで体の温度を一定に保とうと
するのですが、フェレットはこの汗腺が他の動物よりも機能が低いので、フ
ェレットにとっては熱中症というのはすごく危険なことだと考えることが重要
です。

 

このようにフェレットが熱中症にかかってしまう、ということはすごく危険なこと
です。

フェレットが熱中症の症状を見せたら

もし、フェレットに熱中症の症状が見られたら、可能な限り早く体温を下
げるような処置が必要になってきます。もちろん、状態が悪い場合はすぐ
に動物病院に連れて行かないといけません。

 

そして、注意しておきたいところとしては、仮にフェレットが熱中症の症状か
ら回復したように見えたとしても体にその影響で異常がないか、どうかを診
察を受けておいた方がいいということです。

 

フェレットは暑さに弱い動物なので、一時的に熱中症から回復したように
見えてもそれがほかのことに悪影響を及ぼしている可能性がないかを確
認するためにも一度獣医さんに診てもらうようにすることがベストな選択で
す。

スポンサードリンク

フェレットの熱中症の症状とは関連ページ

熱中症の対策には・・・
フェレットは熱中症に弱い分その対策も重要ですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ