フェレット 熱中症

フェレットは熱中症になる

フェレットと熱中症

フェレットといのは暑さにはとても弱い動物です。

 

つまり熱中症になってしまうリスクが高い動物だということができるのですが、
普通は動物というのは暑くなると汗腺から汗を流して自分体温を調節し
ます。

 

しかし、フェレットには汗腺がないので暑さにはとても弱いという事を知って
おきましょう。

 

フェレットは熱中症になる記事一覧

フェレットの熱中症の症状とは

フェレットが熱中症になってしまったときの症状としては、体温が上昇したことによって口を開けて浅い呼吸を早くする、肉球が赤くなってしまう、鼻が乾いている、ぐったりとしてしまっている等の症状があります。熱中症の症状がひどい場合は、痙攣したり、嘔吐したりすることもあり、また意識を失ってしまうこともあります。...

≫続きを読む

 

フェレットの熱中症の対策には・・・

フェレットの熱中症対策としては飼い主がしっかりとしてあげることが必要になってきます。特に夏場のフェレットの温度管理には注意をしたいものです。室内の理想的な温度としてはだいたい20〜23度ぐらいと考えて、もし室内の温度が30前後になってくるようなことがあればそれは危険な温度だということを認識しておく必...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ