フェレット 副腎疾患 予防

フェレットの副腎疾患を予防する方法は?

フェレットの副腎疾患と予防について

フェレットの副腎疾患を予防するためには十分に成長した段階で去勢・
避妊手術をすることで予防することができる、と考えられることがあります。

 

ただ、これにはかなり現実問題としてかなり難しい面があります。

 

フェレットは普通はペットショップなどで購入しますが、ペットショップなどで
購入した段階ですでに去勢・避妊手術が施されていますし、仮に、自
宅で繁殖させたフェレットを飼おうとしても、別途その手術が必要になっ
てきます。

 

これは飼い主の負担としてはかなり大きいものになってくるし、また責任
の面でも大きなものを負うことになります。

 

フェレットの副腎疾患の予防とホルモン分泌

フェレットの副腎疾患の予防にはホルモンの分泌も関係してくると言わ
れます。

 

性ホルモンの分泌というのは日に照らされる時間も影響してきますが、
野生の下で暮らすフェレットは日照時間が長くなってくる春に繁殖する
機会を多くもつことになりますが、室内では昼間以外の夜でも光にてら
されていることから副腎が活発に活動しているのではないか?と考えら
えることがあります。
(つまり光に照らされ過ぎていることが問題ではないか?ということです。)

 

こういったことを考慮して室内でも光に照らされる時間を少なくすること
が副腎疾患の予防につながるのではないか?ということが期待されて
います。

スポンサードリンク

フェレットの副腎疾患を予防する方法は?関連ページ

副腎疾患の症状には・・・
フェレットが副腎疾患になった場合はどんな症状があるのでしょうか?
副腎疾患の原因はどんな・・・
フェレットが副腎疾患になってしまう原因は飼育環境も関係しているようですね。
副腎疾患の治療は・・・
フェレットの副腎疾患の治療については基本的には摘出する手術になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ