フェレット 副腎疾患 治療

フェレットの副腎疾患の治療は基本的には・・・

フェレットと副腎疾患と治療について

フェレットが副腎疾患にかかってしまった場合の治療方法としては摘出
手術をすることになります。

 

副腎というのは左右一対の小豆よりも少し小さいぐらいの大きさですが、
この左右のうちの右側の副腎に発症するケースが多いようです。

 

ただ、まれにこの左右一対の副腎の両方に疾患が発生することもあるん
だそうですが、両方に発症してしまった場合は左右の副腎を完全に摘出
する、ということはせずに片方は少しだけ残すことになります。

 

また、副腎の右側は大静脈と癒着していることが多いために、そこを切除
する場合はかなり慎重にする必要がある、ということになります。

フェレットの副腎疾患との治療と内科療法

フェレットが副腎疾患になってしまった場合の治療方法として基本的に
摘出手術をすることになるのですが、内科療法で治療をしていくことも
あります。

 

その治療方法としてはホルモンの過剰な分泌を抑制するような薬を使
ったり、生理バランスを整えるためにメラトニンの投与などが行われること
があります。

 

これらに治療方法はもちろん一般的な話ですので、実際にフェレットが
副腎疾患になった場合の治療方法としては個別具体的な処置が行
われることになると思いますが、ずれにしても定期的な健診などで早期
に発見するように努めることがなによりも重要であることに変わりはない
ですね。

 

スポンサードリンク

フェレットの副腎疾患の治療は基本的には・・・関連ページ

副腎疾患の症状には・・・
フェレットが副腎疾患になった場合はどんな症状があるのでしょうか?
副腎疾患の原因はどんな・・・
フェレットが副腎疾患になってしまう原因は飼育環境も関係しているようですね。
副腎疾患の予防する方法は?
フェレットの副腎疾患を予防する方法はあるのか?

ホーム RSS購読 サイトマップ