フェレット 副腎疾患 原因

フェレットの副腎疾患の原因はどんな・・・

フェレットの副腎疾患と原因について

フェレットが副腎疾患になってしまうような原因としてはいくつか考えられる
ことがあるんだそうです。

 

一つ目は去勢・避妊手術です。

 

一般的に販売されているフェレットというのはアメリカのファームで生まれる
ことがほとんどですが、そこでは生後の数週間で去勢・避妊手術をするこ
とになります。

 

当然生後数週間では性の成熟もされていない状態なので、体の成長も
終わらずその時期にに去勢・避妊の手術をしていることが原因の一つとさ
れています。

 

確かに、まだ体全体が未熟な状態のフェレットに去勢・避妊手術を施すこ
とは一定の関係性がありそうです。

フェレットの副腎疾患の原因と飼育環境

フェレットの副腎疾患のもう一つの原因と考えられていることに飼育環
境があります。

 

フェレットの副腎疾患というのはイギリスでは少ないそうですが、アメリカ
の飼育環境と比較としたときにその食事の違いがよくあげられます。

 

アメリカではペットフード、イギリスでは生食が多いそうですが、ここの違
いが大きいのではないか?ということがわれます。

 

また、イギリスでは屋外でフェレットを飼育することが多いようですが、ア
メリカでは室内で飼育することが多いと言われます。

 

どこまでが原因として確かなことかは残念ながら不明ですが、こういった
フェレットの飼育環境、言い換えれば生活環境が副腎疾患の原因と
して関係している可能性もあるんだそうです。

スポンサードリンク

フェレットの副腎疾患の原因はどんな・・・関連ページ

副腎疾患の症状には・・・
フェレットが副腎疾患になった場合はどんな症状があるのでしょうか?
副腎疾患の治療は・・・
フェレットの副腎疾患の治療については基本的には摘出する手術になります。
副腎疾患の予防する方法は?
フェレットの副腎疾患を予防する方法はあるのか?

ホーム RSS購読 サイトマップ