フェレット 副腎疾患 症状

フェレッの 副腎疾患の症状には・・・

フェレットの副腎疾患と症状

フェレットが副腎疾患になってしまった場合の症状としては脱毛が見ら
れるようになります。

 

フェレットの副腎疾患なってしまった場合の脱毛の症状としては尻尾か
ら始まって、お尻やお腹の周りに診られます。

 

この脱毛症状は左右が対称に見られることが多いです。

 

そして、この脱毛の症状が全身に広がってしまうこともあります。

 

普通のちょっとした抜け毛であれば問題ないですが、異常なほどに抜け
毛がでてきた場合は注意が必要になってくるということです。

 

また、副腎疾患の症状としてはゆみがでてしまうこともあるようです。

フェレットの副腎疾患の症状と性に関する行動

フェレットが副腎疾患なった場合の症状として特にオスに関していうと性
行動に攻撃性が見られるようになることもあるんだそうです。

 

また、オスが副腎疾患になってしまうと、性ホルモンが前立腺に影響する
ことから、排尿がしずらくなってしまい、尿道がつまるような症状を起こして
しまうこともあります。

 

メスの場合は生殖器が腫大したり、乳腺が腫れあがってしまったりなど発
情したような状態が続いてしまい、この症状が悪化すると貧血を起こして
しまうこともあるようですね。

 

いずれにしても、このしょうなフェレットが副腎疾患の症状が少しでも見られ
るようなケースがあるのであれば、すぐに動物病院の獣医さんに相談するこ
とが必要となってきます。

スポンサードリンク

フェレッの 副腎疾患の症状には・・・関連ページ

副腎疾患の原因はどんな・・・
フェレットが副腎疾患になってしまう原因は飼育環境も関係しているようですね。
副腎疾患の治療は・・・
フェレットの副腎疾患の治療については基本的には摘出する手術になります。
副腎疾患の予防する方法は?
フェレットの副腎疾患を予防する方法はあるのか?

ホーム RSS購読 サイトマップ