フェレット 副腎疾患

フェレットの副腎疾患について

フェレットの副腎疾患について

フェレットがかかってしまう病気の一つとして副腎疾患があります。

 

副腎というのは、腎臓のそばにある小さな臓器です(左右一対の臓器)。

 

副腎の働きとしてはホルモンの分泌にかかわるものがあるのですが、これ
がすごく重要なところで副腎疾患になって副腎に腫瘍ができてしまうと性
に関するホルモンの分泌が過剰となり、いろんな問題が起こってしまいま
す。

 

フェレットの副腎疾患について記事一覧

フェレッの 副腎疾患の症状には・・・

フェレットが副腎疾患になってしまった場合の症状としては脱毛が見られるようになります。フェレットの副腎疾患なってしまった場合の脱毛の症状としては尻尾から始まって、お尻やお腹の周りに診られます。この脱毛症状は左右が対称に見られることが多いです。そして、この脱毛の症状が全身に広がってしまうこともあります。...

≫続きを読む

 

フェレットの副腎疾患の原因はどんな・・・

フェレットが副腎疾患になってしまうような原因としてはいくつか考えられることがあるんだそうです。一つ目は去勢・避妊手術です。一般的に販売されているフェレットというのはアメリカのファームで生まれることがほとんどですが、そこでは生後の数週間で去勢・避妊手術をすることになります。当然生後数週間では性の成熟も...

≫続きを読む

 

フェレットの副腎疾患の治療は基本的には・・・

フェレットが副腎疾患にかかってしまった場合の治療方法としては摘出手術をすることになります。副腎というのは左右一対の小豆よりも少し小さいぐらいの大きさですが、この左右のうちの右側の副腎に発症するケースが多いようです。ただ、まれにこの左右一対の副腎の両方に疾患が発生することもあるんだそうですが、両方に発...

≫続きを読む

 

フェレットの副腎疾患を予防する方法は?

フェレットの副腎疾患を予防するためには十分に成長した段階で去勢・避妊手術をすることで予防することができる、と考えられることがあります。ただ、これにはかなり現実問題としてかなり難しい面があります。フェレットは普通はペットショップなどで購入しますが、ペットショップなどで購入した段階ですでに去勢・避妊手術...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ