フェレット リンパ腫 症状

フェレットのリンパ腫の症状には・・・

フェレットのリンパ腫の症状について

フェレットがリンパ腫にかかっているときの症状としては、食欲が減退して
しまったり、元気がなく、体重が減ってしまうなどがありますが、リンパ腫
にはそれに対応した固有の症状がない、というのが特徴的でもあります。

 

これはリンパ腫ができてしまった場所によってその症状がかわるからです。

 

例えば、胸にリンパ腫ができてしまえば、肺を圧迫してしまうようなケース
もでてきますし、お腹にできてしまえば消化管を圧迫して食欲がなくなっ
てくるといった症状もでてきます。

 

このようにリンパ腫のやっかいなところはその症状が特定できない、という
ところにあるといっても良いかもしれません。

フェレットが若いときにリンパ腫になると症状が悪化するのも早い

フェレットであればリンパ腫と言う病気には気を付けなければいけないこと
はいうまでもないですが、まだフェレットが若い時にかかってしまうと、その進
行も早く、フェレットが急速に衰弱してしまうこともあります。

 

1歳ぐらいを過ぎているとそういった休息な症状の悪化というのはそれほど
は見られないようです。

 

もちろん、フェレットが若い時、そうでない時にかかわらず、リンパ腫の疑い
が少しでもあるようならば、すぐに動物病院に行き、獣医さんに相談する
ようにしましょう。

 

因みに、一度フェレットの状態がおかしいな、と思ってもすぐにその症状が
治ったような気がするときもあるかも知れませんが、そんな時でも獣医さん
に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

フェレットのリンパ腫の症状には・・・関連ページ

リンパ腫の治療は何をする?
フェレットのリンパ腫の治療については基本的には抗がん剤の治療になります。
リンパ腫の予防をするには?
フェレットのリンパ腫は実際には予防をするのは・・・・。

ホーム RSS購読 サイトマップ