フェレット リンパ腫

フェレットとリンパ腫について

フェレットとリンパ腫について

フェレットがリンパ腫にかかってしまうというのは血液の細胞のなかにあるリ
ンパ腫が腫瘍化してしまった状態です。

 

これはつまるところ血液のガンということになります。

 

そしてその腫瘍化してしまったリンパ腫は体のいろんな部分で増殖し、そ
の増殖した部分によってその症状にも違いがあります。

 

ですので、治療方法や検査方法もその部分によって違ってくるようです。

フェレットとリンパ腫について記事一覧

フェレットのリンパ腫の症状には・・・

フェレットがリンパ腫にかかっているときの症状としては、食欲が減退してしまったり、元気がなく、体重が減ってしまうなどがありますが、リンパ腫にはそれに対応した固有の症状がない、というのが特徴的でもあります。これはリンパ腫ができてしまった場所によってその症状がかわるからです。例えば、胸にリンパ腫ができてし...

≫続きを読む

 

フェレットのリンパ腫の治療は何をする?

フェレットのリンパ腫に治療については一般的には化学療法による抗がん剤の服用があげられます。もちろん、抗がん剤を服用するということは副作用も受け入れる、という選択になります。担当の獣医さんと相談しながらじっくりと話し合い、決めるようにすることが必要ですね。また、リンパ腫というのはできてしまった場所が一...

≫続きを読む

 

フェレットのリンパ腫を予防するには?

フェレットのリンパ腫を予防するためには何をしたらいいのか?ということを考えてあげるのは飼い主がフェレットに対する愛情として素晴らしいのです。ただ、フェレットのリンパ腫というのは実はその予防をするのは難しいといわれています。ですので、飼い主がすることができる最大の予防方法としては早期発見に努める事が非...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ