フェレット インスリノーマ 予防

フェレットのインスリノーマ予防について

フェレットとインスリノーマの予防

フェレットによく発症する病気としてインスリノーマがあります。

 

この病気は膵臓(すいぞう)にあるランゲルハンス島β細胞というインスリ
ンを分泌する組織に腫瘍ができてしまう病気ですが、これを予防する手
段としては、実は絶対的な方法というのは残念ながらありません。

 

ただ、一説ではフェレットがインスリノーマにかかってしまうのは、でんぷん質
の多い食事をすることが原因ではないか?といわれることがよくあります。

 

この説に沿って考えるとでんぷん質を過剰に摂ることをなるべく避ける事が
インスリノーマのかからないようにするための予防方法ということができるでし
ょう。

フェレットがインスリノーマにかからないようにする予防方法として

フェレットがインスリノーマにかからないようにするには、でんぷん質をなる
べく避ける事が重要ですが、これはつまり炭水化物の過剰な摂取を控
える、と言い換えることができると思います。

 

もともとフェレットはこうした炭水化物の過剰な摂取というのはフェレットの
食事として不向きともいえるものなので、フェレットの食事として適切な動
物性のタンパク質が含まれている食事を常日頃から意識するようにするこ
とが、インスリノーマの予防方法としては適切な処置であるということが言
えます。

 

フェレット専用のフードを与えている場合はほとんどが動物性のタンパク質
が含まれている食事なので、そういった専用フードを餌として与えることが
大切だということですね。

スポンサードリンク

フェレットのインスリノーマ予防について関連ページ

インスリノーマの症状には?
フェレットにインスリノーマの症状はでていませんか?
インスリノーマと食事に関する事
フェレットがインスリノーマになった時は食事も気を付けないといけません。

ホーム RSS購読 サイトマップ