フェレット インスリノーマ

フェレットとインスリノーマ

フェレットのインスリノーマについて

フェレットがかかってしまう病気としてインスリノーマというものがあります。

 

これは体内のインスリンの分泌が血糖値にかかわらず分泌が続いてしま
う病気です。

 

インスリンというのは血液の中にある糖質を体のなかに取り込むホルモン
ですが、このインスリンが正常な状態というのは、食事をして体のなかに
糖質が取り込まれ、血糖値が上るとインスリンが分泌され血糖値が下
がり、そしてインスリンの分泌も下がります。

 

しかし、フェレットがインスリノーマにかかってしまうと、血糖値にかかわらず
インスリンが分泌されてしまう状態になってしまい、糖質の取り込みが続
いてしまいます。

 

結果として低血糖の状態を引き起こしてしまうことになります。

 

これがインスリノーマという病気です。

フェレットとインスリノーマ記事一覧

フェレットのインスリノーマ予防について

フェレットによく発症する病気としてインスリノーマがあります。この病気は膵臓(すいぞう)にあるランゲルハンス島β細胞というインスリンを分泌する組織に腫瘍ができてしまう病気ですが、これを予防する手段としては、実は絶対的な方法というのは残念ながらありません。ただ、一説ではフェレットがインスリノーマにかかっ...

≫続きを読む

 

フェレットのインスリノーマの症状にはどんなものが?

フェレットがインスリノーマにかかっている場合の症状としては、お腹が空いた状態で体がエネルギー不足となってしまいますので、元気がない状態になってしまいます。また、普通に過ごしているときもなんだかぼーっとしていうような状態になったり、だるそうにしていたりといった症状があります。また、足に力が入っていない...

≫続きを読む

 

フェレットとインスリノーマと食事に関すること

フェレットがインスリノーマになってしまった時は食事としてはまずは糖質の多いものはさけるようにしましょう。過度な糖分をとることは低血糖になってしまう危険性を高めてしまうことになります。糖質の多いものをさける食事というのは基本的には炭水化物の多い食事を避けるということになります。フェレットがインスリノー...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ