フェレット 下痢

フェレットが下痢になる原因と対策

フェレットが下痢になる原因

フェレットが下痢になる原因としては

 

・もともと腸が弱い
・細菌性の病気
・餌が合わない
・ストレスを抱えている
・体調が良くない 等

 

が考えられます。

フェレットの下痢があまり長く続くなら

フェレットが下痢をしたとしてもほとんどの場合は一時的な症状で収まるこ
とが多いです。

 

ですが、あまりにも下痢が長く続くような時は注意が必要です。

 

また、下痢にともない嘔吐したり、餌を食べなかったり、またやたらとぐったり
していることが続くようであればなるべく早く獣医さんに相談することがいいで
す。

 

フェレットは下痢になると便が緑の時があります

フェレットは下痢をすると便の色が緑色になるときがあります。

 

この緑色のものは、腸の壁にあたるもので、下痢になった時はそれがはが
れてきて便と一緒に出てきます。

フェレットが下痢になった時の対策

フェレットが下痢になってしまった時はまずは体温の低下と脱水症状を防
ぐようにしましょう。

 

もしフェレットが下痢になったしまったときが寒い時であれば、ペットヒーター
を使って寝床を温めるのがおすすめです。
(この時、あまり熱くならないように注意して下さい)

 

また脱水症状の対策としては乳幼児用のイオン飲料を飲ませて、水分を
補給するのがいいかと思います。

 

ただ、無理のそれを飲ませて、誤嚥(気管に入ってしまうと)すると危険なの
で、もしフェレットが自分から飲もうとしない様子であるときは、唇や歯ぐきを
湿らす程度にするのもいいでしょうね。

スポンサードリンク

フェレットが下痢になる原因と対策関連ページ

風邪
フェレットは風邪をひいてしまうことがあります。それにインフルエンザにかかってしまうこともあるんですよ。
嘔吐をしてしまったら
フェレットが嘔吐、吐いてしまう時は下痢をしてしまうこともありますね。また、胃液を吐いてしまうこともあります。その結果脱水症状などになってしまうことも。病気が原因であるケースもあるので専門家に相談しましょう。
くしゃみをしたら・・・
フェレットがくしゃみをしたら何か病気のサインかも知れません。

ホーム RSS購読 サイトマップ